ホーム>売却費用について

売却費用について

不動産売却にかかる費用について

不動産売却にかかる費用について

ご自分の家や土地を売却することになったら、売却に関する諸費用について知っておくことも大切です。
こちらでは、不動産売却にかかる費用についてご紹介します。

譲渡所得にかかる税金

不動産を売却して得た利益は譲渡所得といい、給与など他の所得と分けて所得税と住民税が課税されます。
税率は、譲渡した年の1月1日時点での所有期間が5年以下になるのか、5年を超えるかによって異なります。
ただし、ご自分が住んでいた家や土地を売却した場合、税率が軽減される特例が受けられます。
税額は、譲渡所得から所得比や譲渡費用、特別控除額などを差し引いた課税譲渡所得に税率をかけて計算されます。

抵当権抹消登記費用

不動産購入時に銀行からお金を借りた場合、抵当権が設定されていますが、もしその不動産を売却することになったら、抵当権抹消登記が必要になります。
抵当権はローンの返済が終わったからといって自然に消えるものではありません。法務局での抵当権抹消登記を申請しなければいけません。

測量費用

売却する物件に土地が含まれている場合、測量費が必要になることがあります。
測量が必要になるケースというのは、建物を新築する場合や境界が確定できない場合、相続などで土地の評価をする場合、測量図が正しいか確認する場合などが考えられます。 一般的に測量費は売主が負担しますが、土地の広さや形状などで費用が異なります。

解体費用やリフォーム費用

この他にも、住宅を取り壊して更地にしたり、リフォームやリノベーションをして引き渡す必要がある場合は、解体撤去費用やリフォーム費用などもかかります。
築年数が経って売れるかどうか心配な住宅でも、リフォームすることで高く売却できる可能性もあります。
マイホームを購入したいけれど新築に手が届かないという方に評価されるでしょう。

福岡市東区で不動産をご紹介している当社では、土地売却や住宅売却、マンション売却などのご相談にも対応致します。フットワークの軽い営業でご希望に沿った成約ができるようお手伝いしていきます。福岡で不動産売却をお考えの方は、お気軽にご相談下さい。

ページ上部へ